• このエントリーをはてなブックマークに追加

どこまで節約すべき?アパート経営の経費のポイント

アパート経営と聞くと多額の費用がかかってしまうイメージがあります。しかし、実際に始めてみると事業を開始するよりも以前に感じていたものとは大きく異なってきます。事業を継続していく上で重要なことは、経費をどこまで削減できるかという点です。上手に費用を節約することができれば、アパート経営という事業で十分な利益を得ることにつながります。それぞれの費用の種類を把握しておくことや、どのような運営を行うことで利益という名のメリットを得られるのかが決まります。当然事業というものは利益を得るために行うわけですので、運営することで得られる最大のメリットは収益です。多くの収益を得ることを達成できれば、生活を豊かにすることが可能になります。また、家賃を得て収益を上げる種類の事業ですので、体力的に楽な点もメリットと言えます。

運営における固定費用の種類について

アパート経営で必要になってくる経費は、毎月固定でかかってくる費用と、入居者が入れ替わるときに発生する修繕や退去にかかる費用とに分けることができます。固定費の種類としては、管理手数料や掃除の際にかかる費用、光熱費、雑費などになります。管理手数料に関してはアパートのオーナー自身が行う人もいますが、多くの場合で管理会社に委託することが一般的です。利益として毎月の家賃を入居者から受け取ることになりますが、その中の3~10%ほどを手数料として管理会社に支払います。清掃は毎月1~4回ほど行うことが普通で、これについても管理会社に委託を行います。近年ではアパートでインターネットが使えることが普通と言えますので、ネット環境を整えたり、使用料金をオーナーが負担している場合もあります。セキュリティ面も入居者にとって大きなポイントになるために、防犯カメラの設置などが必要となり、費用がかかります。

フリーレントと広告費を節約することが重要です

経営を行っていく中で固定費については、仕方がない部分が大きいと言えます。固定費の他には不定期に発生する変動費があり、大きく利益を上げるためには変動費をどこまで節約できるかが重要となります。入居者が長期間にわたって部屋を使用すれば、退去時に必要になる費用はかかりません。しかし、アパートというものは様々な人が入居するもので、入れ替わりも頻繁に発生します。入居者が入れ替わることで鍵を交換したり、クリーニングを行うことやクロスを張り替えるなどの費用が必要です。これらは必要不可欠と言える費用ですので、無理に節約することはできません。経費をどこまで抑えることができるかについては、広告料やフリーレントにかける費用の部分が重要なポイントと言えます。入居者を募集するには専門会社に広告を依頼することになりますが、様々な情報誌などで宣伝をすると多額の費用が発生するので注意が必要です。

ピックアップ記事

どこまで節約すべき?アパート経営の経費のポイント

アパート経営と聞くと多額の費用がかかってしまうイメージがあります。しかし、実際に始めてみると事業を開始するよりも以前に感じていたものとは大きく異なってきます。事業を継続していく上で重要なことは、経費を...

アパート経営は経費の少ない副収入を得れる副業です

アパート経営を行うことに興味を持つ方が増えています。経費が少なく、手軽に副収入を得ることが出来る副業として、多くの方が不動産投資を始めています。アパートやマンション経営に興味を持つ方が増え、各地でセミ...

アパート経営には管理代行業者への経費が必要です

アパート経営は運営が難しいと感じたり、どのようにして収益を上げればよいのかわからないという人も多いでしょう。しかし、事業として成り立っているために、収益を上げることが可能な分野の仕事と言えます。アパー...