• このエントリーをはてなブックマークに追加

ローン利息など経費把握がアパート経営の確定申告には必要です

アパート経営には、様々な費用がかかります。確定申告をする場合にはこの費用をどのように負担するかを明らかにする必要があります。一般にローンを使って初期の購入費用をまかなっています。このため賃料がいくら入って収入になり、かかる費用はどれだけあるのかを明らかにしておく必要があります。なかでもローンの利息は費用計上できます。これからかかってくる費用を固定費と変動費に分けて把握するのがわかりやすいです。思ったより費用がかさむため、毎月かかる固定費はやむをえませんが変動費はできるだけ圧縮できないかを検討して、特に入居者募集の広告量やフリーレントが発生しないことが重要です。できれば費用を少なくすることで、所得を出すことが安定経営には必要になってきます。

アパート経営にかかる経費のうち固定費とは?

経費は変動費と固定費に分けるとわかりやすいです。固定費は毎月必ずかかってくる費用のことです。管理手数料は、管理会社に支払うものです。オーナーの中には、自分で物件を管理する人もいますが、忙しい方が多く委託するのが普通です。毎月の家賃のなかから数%を支払うのが普通の形態です。 定期清掃料は、管理会社に委託するのがほとんどです。清掃がなされていないと入居者の募集に影響してきます。月に1~4回の清掃が望ましいです。料金は会社によってまちまちです。共用部分の水道・電気代金です。固定資産税は、毎年土地と建物にかかってくることになります。その他の費用は、ネット使用料を家主が負担したり、防犯カメラの設置費用や浄化槽があればその費用等、設備によって違いがでてくる費用などです。

経費にかかる変動費とはどんなものですか?

変動費は、入居者が退去した場合の補修費用などがかかります。クリーニング費用、鍵の交換などが必要になります。賃貸契約によって家主の負担部分は変わってきます。入居斡旋にかかわる広告料が必要です。賃貸ショップの収入源で家賃の1か月分が標準になります。人気のない物件ではより募集費用がかかります。フリーレントの費用は、空室が埋まらないよりはましと2~3ヵ月の家賃をフリーとして成約に結びつけるための費用です。設備の老朽化に伴う設備の修理や交換費用です。付帯設備が壊れると負担が必要です。大規模修繕費用は、外壁など経年劣化の対応が入居者募集に影響します。その他費用としては、購入時に必要な不動産取得税、火災保険や地震保険の費用などがあります。確定申告を税理士に依頼すればその費用がかかります。所得があれば所得税も必要です。

ピックアップ記事

どこまで節約すべき?アパート経営の経費のポイント

アパート経営と聞くと多額の費用がかかってしまうイメージがあります。しかし、実際に始めてみると事業を開始するよりも以前に感じていたものとは大きく異なってきます。事業を継続していく上で重要なことは、経費を...

アパート経営は経費の少ない副収入を得れる副業です

アパート経営を行うことに興味を持つ方が増えています。経費が少なく、手軽に副収入を得ることが出来る副業として、多くの方が不動産投資を始めています。アパートやマンション経営に興味を持つ方が増え、各地でセミ...

アパート経営には管理代行業者への経費が必要です

アパート経営は運営が難しいと感じたり、どのようにして収益を上げればよいのかわからないという人も多いでしょう。しかし、事業として成り立っているために、収益を上げることが可能な分野の仕事と言えます。アパー...