• このエントリーをはてなブックマークに追加

アパート経営には管理代行業者への経費が必要です

アパート経営は運営が難しいと感じたり、どのようにして収益を上げればよいのかわからないという人も多いでしょう。しかし、事業として成り立っているために、収益を上げることが可能な分野の仕事と言えます。アパート経営では入居者に家賃を支払ってもらうことで利益になるわけですが、利益以外にも様々な経費がかかることを知ることが重要です。家賃を受け取る収益だけならば確実に利益が発生するわけですが、運営を行っていく上で必要不可欠な経費があることを把握することが重要点です。事業を行っていくときに必要になる費用の種類には、固定費と毎月決まって発生するわけではない変動費が存在します。固定費の中でもセキュリティなどを含めたアパートの管理について代行業者に委託することが一般的です。

管理会社ごとの手数料を把握する

アパートオーナーによっては、専門職としていて、自分自身でアパートの管理を行っている人もいます。しかし、複数のアパートを運営していたり、時間の余裕が無いことを考えると代行業者に委託しなければなりません。従って、業者に支払う管理手数料が必要になります。アパートの運営をサポートしている管理会社には様々な業者が存在しているために、サービス内容も異なります。アパートオーナーは家賃によって得た収益のうちに数割を管理会社に支払うことになりますので、どの程度の料金がかかるのか把握しなければなりません。それぞれの業者ごとに手数料の割合には大きな差がありますので、気軽に業者を決定して委託しないほうが良いです。複数の専門業者の手数料を比較して、依頼先を決めることが重要なポイントです。

管理会社のサービス内容や質を見極める

アパートの運営は不動産を扱うものですので、管理が大切になってきます。アパート管理については代行業者に委託することが多くなりますが、業者を選ぶときの重要点としては、どのような仕事をこなしているのか内容を知ることが挙げられます。管理会社の主な仕事内容としては、家賃の集金や家賃が滞納されているときの督促の業務、新規の入居者との契約や更新、入居者の募集業務、トラブルやクレームへの対応などがあります。当然のことながら、管理会社ごとによって能力に差があるために、どこの業者と契約するのが良いのか見極めることが必要になります。良い管理会社選びのポイントとしては、現時点で取り扱っているアパートの入居率を見ることや、入居者の募集方法を工夫しているかどうか見極めることなどが大切と言えます。

ピックアップ記事

どこまで節約すべき?アパート経営の経費のポイント

アパート経営と聞くと多額の費用がかかってしまうイメージがあります。しかし、実際に始めてみると事業を開始するよりも以前に感じていたものとは大きく異なってきます。事業を継続していく上で重要なことは、経費を...

アパート経営は経費の少ない副収入を得れる副業です

アパート経営を行うことに興味を持つ方が増えています。経費が少なく、手軽に副収入を得ることが出来る副業として、多くの方が不動産投資を始めています。アパートやマンション経営に興味を持つ方が増え、各地でセミ...

アパート経営には管理代行業者への経費が必要です

アパート経営は運営が難しいと感じたり、どのようにして収益を上げればよいのかわからないという人も多いでしょう。しかし、事業として成り立っているために、収益を上げることが可能な分野の仕事と言えます。アパー...